鍼灸の知識技術を習得する手段|国が指定した養成学校で3年以上学ぶ

ニュース一覧

男女

医療機器のエキスパート

医療の現場では様々な医療機器が使われていますが、そういった医療機器の扱いのエキスパートとも言うべき職業が臨床工学技士です。機械が好きで医療現場で働きたいという人にとっては魅力的な職業であり、最先端の機械を扱うことが出来ます。新しい職業であり、これから益々需要が高まることも予想されています。

詳しく見る

ウーマン

寮もあるので安心

戸田中央看護専門学校は将来看護師を目指す人のための専門学校です。毎年オープンキャンパスをしており、看護師を目指す人が多く訪ねています。入学後は充実した授業を受けられるのはもちろん、病院等に実習に行く事もできます。

詳しく見る

女性

大学や大学院で取れるもの

心理学関連の資格には公認心理師や臨床心理士など、大学院を修了しなければ取得できないものもあれば、必要単位を取得して取ることができる認定心理士などがあります。しかし認定心理士はあまり強い資格ではないので、メンタルケア心理士を取得するのも良い方法です。

詳しく見る

男性

誰を支援したいかを考える

言語聴覚士が活躍する現場が子どもから高齢者まで範囲が広く、その中でも専門分野が分かれます。将来の自分がどんな患者を支援したいかを考え、子どもや高齢者など、どの分野に強い学校なのかを事前に調べておくと良いでしょう。

詳しく見る

女の人

スポーツ分野での仕事

鍼灸師になるために専門学校に通う必要がありますが、単なる鍼灸師ではなく、スポーツリハビリなどが行える技術を持つ人もいます。コンディショニング等に使われるため、スポーツ関係の職場などで仕事ができるようになります。

詳しく見る

伝統医療を専門にして働く

鍼灸

ツボを刺激して傷病を治療

傷病の治療に関わる仕事に就きたいと思った場合、まず有力な選択肢となるのが医師の国家資格を取得することです。ただ、実は医師以外にも治療技術者にかかる資格は存在します。その1つが鍼灸師です。鍼灸師の鍼灸とは、鍼(はり)と灸(きゅう)という2つの施術を総称した言葉です。鍼は金属製の細いはりを皮膚に刺したり軽く表面を突いたりして、人体に物理的刺激を与えます。一方、灸はもぐさと呼ばれる植物を乾燥させたものを皮膚に乗せて燃焼させ、患部をあたためます。いずれも東洋医学で言うところの「ツボ」を刺激することによって医療効果を目指す施術です。鍼灸は肩こりの改善や疲労回復など健康増進を目的として行われる場合もありますが、神経痛・リウマチ・各種内臓疾患など傷病の治療目的で用いられることもあります。この場合は、鍼師及び灸師という国家資格を取得した者に業としての施術が認められています。鍼師・灸師の資格を得るには、まず国家試験の受験資格を取得する必要があります。受験資格は、国が指定した養成学校で3年以上学ぶことで得られます。養成学校は専門の養成課程を持つ全国の大学・短大・専門学校ですが、この職業が以前はもっぱら視覚障がい者が生計を得る手段として利用されてきたことから、盲学校の中にも専門課程を有するところがあります。なお、鍼師と灸師はそれぞれ独立した資格であり、同時に取得することはできません。ただし多くの養成学校での学課には共通する課目が多いため、受験資格を両方とも得るのは比較的容易です。

Copyright© 2018 鍼灸の知識技術を習得する手段|国が指定した養成学校で3年以上学ぶ All Rights Reserved.